Wagby Plugin Option (CData Drivers)

クラウドサービスとのシームレスなデータ連携を
ノンプログラミングで実現

Wagby Plugin Option (CData Drivers)

CRMやERPなどのSaaSサービスからオンプレミス/クラウドDBやファイルまで、あらゆるデータソースとのデータ連携をノンプログラミングで実現するWagbyオプション製品「CData Drivers」が問題を解決します!

「CData Drivers」をWagbyアプリケーションへプラグインとして組み込むことで、Wagbyアプリケーションの「接続先データベース」として各種クラウドサービスを指定することが可能になります。
接続先クラウドサービスのデータ構造を基にWagby側でモデル定義を行うことで、接続先クラウドサービスとWagbyのデータ連携準備が完了となります。
Wagbyアプリケーション側としては、定義したモデルに対してデータを投入するだけで、自動的にクラウドサービス側にデータを反映することが可能です!

  • SaaSサービスは手軽で良いが、マスタデータの更新や管理に手間が掛かる
  • 社内/社外問わずに散在するデータを一元管理したい
  • 運用中のSaaSサービスが複数あり、これらを串刺しにしたデータ集計・分析がしたい

などなど、様々な課題を素早く簡単に解決することができます。

Wagby Plugin Option (CData Drivers) とは?

Wagby Plugin Option (CData Drivers) は、JDBC形式のデータベースインターフェース経由でさまざまなクラウドサービス(データソース)へのアクセスをプログラミングなしで可能にする「データベースドライバ」製品です。
本製品に実装されている内部パーサーが「標準SQL」でのリクエストを「HTTPリクエスト」へ自動変換することでクラウドサービスへのアクセスを可能にしています。

Wagby Plugin Option (CData Drivers) の仕組み

シームレスなデータ連携を実現する、エンタープライズレベルの機能を備えたデータベース接続ドライバです。

Wagby Plugin Option (CData Drivers) の接続先

CRM や ERP をはじめ、マーケティングツールやソーシャルネットワーキング、クラウドデータベースなど、様々なクラウドサービスへ接続することが可能です。
Wagby で開発するエンタープライズアプリケーションとこれらクラウドサービスを接続することで、オンプレミス/クラウドを問わず、これら全体をターゲットとしたデータ活用が実現できます。

Wagby Plugin Option (CData Drivers) 接続先一覧
※「CData Drivers」の製品ページへ遷移します。

Wagby Plugin Option (CData Drivers) の活用事例

CASE① SaaS - 基幹システム連携

 

◆オンプレミス基幹システムと SaaS の連携
 ・顧客マスタ/製品マスタなどのマスタデータ連携
 ・SaaSではカバーできない機能を基幹側で実装
 ・SaaS部分導入などでマスタデータを基幹側に連携

CASE② ツール連携

 

◆様々なツールと SaaS サービスの連携
 ・BIツール
 ・帳票ツール
 ・ETLツール
 ・Officeツール  …など

CASE③ データ移行/二重運用

 

◆システム間データ移行およびシステム二重運用時の
 データ連携

 ・基幹システムから SaaS サービスへのデータ移行
 ・システム移行に際する二重運用時のリアルタイム
  データ連携
 ・SaaS サービスの有効活用 (適材適所での SaaS 活用)

Wagby と CData Drivers を効果的に活用することで、核となるエンタープライズアプリケーションの開発からデータ連携・利活用に至るまで、すべてを「ノンプログラミング」で実現!
スピーディーかつシンプルに開発・運用して頂ける、利便性の高いツールです。

CData Drivers

※ CData Software Japan 合同会社製品ページへ遷移します。

製品の詳細はこちら

内容や価格についてのお問い合わせ

※ 株式会社ソフトウェア・パートナーお問い合わせページへ遷移します。

お問合わせ



Wagbyパートナー募集


Wagbyパートナー(販売代理店)を随時募集しております。



Wagby資料ダウンロードはこちらから


弊社製品情報や、サービスメニュー、価格表などをまとめた資料をご用意しています。

TOPICS

アーカイブ

PAGE TOP